E3F1820E-6C90-4A3F-89B3-FB887D811060

【あらすじ】
ジョンロクにお互い元の居場所に戻ろうと別れを告げられたユンソ。
なぜ急に気持ちが変わったのか解らず混乱するユンソは一晩中泣き続け…。
心当たりのあるマネージャーは傷心のユンソを見て複雑な気持ちになるが…。


【見どころ】
・いつの間にかヨリを戻したセウォンとヨルム!!
・タン弁護士とチェ弁護士の契約カップル!?
・失恋のおかげ??大根役者ユンソが遂に演技派女優へ?!

【感想】
ユンソのマネージャーから別れて欲しいと頼まれたジョンロク…。
最初はそんな気はなかったけどユンソが人気を取り戻し女優として大事な時期だと側に居て人一倍分かるからこそ、ユンソの為に身を引く覚悟を決めました。
そうとは知らないユンソは何故ジョンロクが別れを選んだのか理由がわからず突然の事に納得できず泣き続けます。
マネージャーは後ろめたそうですが、これがユンソの為と思っているのもユンソが大事だからこそですよね。皆、辛いけどユンソに女優としてもう一度輝いて欲しい一心です。本人に伝わらないのが悲しい。
ジョンロクはひたすら仕事に没頭します。ユンソも何とか仕事をする事で思い出さないよう努めます。
セウォンとヨルムがいつの間にかヨリを戻してラブラブだし、タン弁護士とチェ弁護士までお試しで付き合っているし…。対比が凄い、、、、、、、
そんな中、イム・ユニ事件でジョンロクが犯人にしたパク・スミョンの母親が事務所を訪ねてきます。
息子は嘘をだけはつかない、2度刺されて死んだけどあの子は1度しか刺してないと言っている。息子は殺してない!イム・ユニが怪しい、町内からも姿を消したと訴えます。
気になったジョンロクはイム・ユニの現在を調べますが、保険金を全額受け取らず逃亡している事や、男性と一緒にいたことなどから怪しいと思い始めます、、、
パク・スミョンを弁護したいと代表に伝えますが、自分が真犯人として立証した事件なのに間違えましたで今度は弁護なんてありえないと事務所の事も考えろと怒られてしまいます。弁護士論理にも違反するらしい。。。ジョンロクも苦しんでいます。
もし、自分が間違えた選択をして誰かが生涯くるしむとしたら、ここで正さなかったら…
ユンソもジョンロクを心配しています。
14話早く見たいです!!