E3F1820E-6C90-4A3F-89B3-FB887D811060

【あらすじ】
ジョンロクがパク・スミョンの弁護を引き受けたことでマスコミも大騒ぎ。
法律事務所には抗議の電話が殺到し、依頼も少なくなります。相変わらず代表は勝手に引き受けた事を許しておらず、ジョンロクは事務所の事も考え辞表を出します…。

【見どころ】
・代表とジョンロクの知られざる絆…。
・もう見てられない!マネージャーの自白?!
・ジョンロクとユンソは元に戻れるのか…??

【感想】
あぁ、ここでイム・ユニ事件がまた再燃してくるとは…。
確かにパク・スミョンの話と現在のイム・ユニの行動は怪しすぎるよね、見て見ぬフリはできないし、でも自分が主張した事を翻してパク・スミョンの弁護をするって周りから見るとおかしい話でバッシングも相当ですよね、、、
でも、誰でも間違える事ってあるし気がついた時に訂正できないなんておかしい。
人の人生がかかっているわけだし、弁護士だから検察だからって毎回絶対間違えないなんて事ない、間違えを正せなければ本当に罪のない人が人殺しにされてしまう、ここで間違えたなんて言えるのは勇気のいる事だし証明が出来なければ意味もないし、、、
でも、ジョンロクはちゃんと向き合える人、そして代表も!!ここにこんな素晴らしい絆あったとは…。
セウォンが“お前と別れられない人がいる”なんて居酒屋に呼び出した時はユンソかなって思ったし、多分ジョンロクも思ったはず。。。
ユンソもネットやテレビで叩かれているジョンロクを心配して事務所を訪れたりしますが、ジョンロクは冷たくて…。その様子を見たマネージャーも遂に自分がジョンロクにお願いした事を白状してしまいます。
一方、裁判では姿をくらましていたイム・ユニは証人として出てきてパク・スミョンが2回刺したと言いますが、ジョンロクや事務所の皆は諦めず防犯カメラの映像などを頑張って探した結果イム・ユニの恐ろしい犯罪を暴くことができ立証することが出来ました!!
これほどイム・ユニの凶悪な面が報道されるとジョンロクへの批判はなくなりますから立証できて本当に良かったです。
ユンソも本当のジョンロクの気持ちを聞いてからアタックを続け、遂に元に戻ることが出来ました!!良かった良かった!!
15話も楽しみです!!!